✨化粧品成分のプラセンタの凄さ✨

皆様、こんにちは井立です(^^)

本日はプラセンタの成分についてお話しします。

プラセンタは日本語で胎盤と言います。

妊娠中にお母さんの体内で臨時に作られる臓器です。

そして、受精卵が出来て一番始めに細胞分裂して出来るのが赤ちゃんと、胎盤です。

プラセンタ(胎盤)はお母さんのお腹の中で、赤ちゃん(胎児)を『健康に育てる』ための臓器です。

元気で産まれて来れる様に、プラセンタから完璧なバランスの栄養素が供給されているのです。

ここで、プラセンタがどれだけ凄い栄養素を持っているかお話します。

赤ちゃんは受精卵の頃、髪の毛1本の切り口(約0.1mm)の大きさです。

目にも見えない大きさですね!

それが、280日で身長40cm、体重約4キログラム程に成長します。

280日で脳や、心臓、肝臓、腎臓、皮膚、血管、骨、筋肉、神経,他にも沢山の生きて行く上で必要な臓器をどんどん作って行きます!

もし、赤ちゃんがあと1年胎盤にいたとしたら、、、

赤ちゃんの身長は4000m程になると言われています!!

富士山より大きい!!!!

あと3年いたら地球ぐらいになるそうです!!!

とんでもないスピードで成長させてくれる栄養素ですね!!!

例えてみると、胎盤の力がどれだけ凄いものかわかりますね。

プラセンタエキスは赤ちゃんを守り、育てる力の集まりです。

人間を健康にするための栄養素が、完璧な状態で含まれている事は容易に想像出来ますね。

このように素晴らしい成分のプラセンタは国の厚生労働省が認めているため

一般用医薬品、医療用医薬品、薬用化粧品の有効成分として使用されています。

内科医・・・肝臓病の治療薬

婦人科医・・・更年期障害の治療薬

薬店・・・滋養強壮

美容分野・・・美白、シミ、シワ改善

医学にも使用されているプラセンタは、美容でももちろん

効果を発揮してくれます!

美容での効果を発揮してくれるプラセンタの成分としては、プラセンタには『細胞増殖因子』が入っています。

細胞増殖因子』という名前の通り細胞を増殖してくれるものとなります!!!

では、どの細胞を増殖してくれるのでしょうか。

それはです。

この『真皮繊維芽細胞』は、私たちの美肌を作る大事な大事なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった真皮の成分を唯一作り出してくれる細胞です。

そして、この『真皮繊維芽細胞』を増やすために必要な細胞増殖因子の数は17歳がピークと言われています。

なので、実は17歳からお肌の老化は始まっているとも言われています。

17歳でピークを迎えている細胞増殖因子を、

外側から補うことが出来るのがプラセンタエキスなのです!!!

毎日つけたい(>▽<)!!!!!

ただ、お肌にプラセンタをつけただけでは効果は出てくれません。

なぜなら、プラセンタの分子はとても大きく肌の真皮層まで届けることが

普通では出来ないのです。(お化粧品で酵素分解法などで分子を小さくしているものもあります。)

そこで、真慧ではプラセンタを肌の奥深くに入れ確実に効果を出していくために、エレクトロポレーションという機能を使い、お肌の奥へとプラセンタを確実に届けて行きます!

エレクトロポレーション』とは、機械を使った針を使わない注入方法です。

分子の大きい肌の有効成分を真皮深層に導入して行く事が出来ます。

エレクトロポレーションは真皮ケアで美容皮膚科でも使用されています。

インディバでお顔全体の筋肉、皮膚、深部を細胞からじっくり温めめぐりを良くした後に、エレクトロポレーションでプラセンタを真皮に届けて行く事でツヤツヤ、プルプルのお肌へ導きます♥♥♥

このスペシャルなコースを是非皆様に体感していただきたくて

ウキウキ♪♪♪しています(>▽<)!!!!!

自粛で疲れた心と身体とお肌をこの機会に是非癒してあげてくださいね(^^)

本日もお読み頂き有り難うございました(^^)

 

 

関連記事

  1. プレバイオディクスとバイオジェニックス

  2. ✨桔梗✨

  3. AGEが体内に蓄積されるしくみとは

  4. 酵素サプリの必要性

  5. 免疫力を上げ方④生活習慣を見直してみましょう(^^)

  6. 体温は正確に身体のどこで計れば良いかご存知ですか?