体温を上げると得られる効果

体温が1度上がるだけで免疫力は6倍に上がります。
人間の身体は本来、体温36度5分以上で正常に働くように出来ていると言われています。
心臓や脾臓など産熱量の多い臓器には癌細胞は出来ないと言われています。
逆に体温が下がるとエネルギー代謝は12%ダウンしてしまいます。
エネルギー代謝が低下すると、老廃物の排出も上手くいかなくなり、痩せにくく、様々な病気の原因にもなってしまいます。

体温アップにより得られる効果効能

1.病気知らずの身体になります。
血液中には、体内に入って来たウイルスを倒す白血球がありますが血行が悪くなると白血球の働きが鈍くなりウイルスが増殖してしまいます。

2.痩せやすくなります。
体温が上がる事で、体内の新陳代謝が活発になり同じ様に生活していても体重が減りやすくなります。
代謝がよいという事は、少しの活動でも消費されるエネルギーが大きいという事なので、効率的なエネルギー消費を行う事が出来ます。

3.不快な症状が消えます。
血流が悪いと、肩コリや首コリ、頭痛、不眠などを引き起こしてしまう場合があります。
体温を上げるだけで血流が良くなる為一つずつ症状が改善されていく可能性があります。

身体を確実に温めて平熱を上げ健康維持をしていきましょう!

関連記事

  1. インディバエステとは

  2. 【 神社参拝に良い日 】

  3. 体温とは

  4. 善玉菌の働きプロバイオティクス

  5. 真の健康とは