糖質とは。

蛋白質、脂質、炭水化物は人間が生きる為に必要な「3大栄養素」です。

そのうち炭水化物に含まれる栄養素が「糖質」です。

糖質とは、ご飯や、パン、麺などの主食、芋類に含まれるデンプン、果物に含まれる果糖、お菓子、ジュースに含まれる砂糖などです。

これらに食物繊維を合わせたものが「炭水化物」です。

糖質は体を動かすために必要なエネルギーですね。

しかしながら3大栄養素のうち唯一血糖値の上昇を引き起こします!

血糖値とは血液中のブドウ糖濃度の事です。

人が食べ物を食べ、それを消化吸収することによって糖質のみが100%血糖に変化して血糖値を上げます。

蛋白質と脂質はいくらとっても血糖値は上がらないのです。

関連記事

  1. 【 出張鑑定が始まります 】

  2. 糖質制限を行うメリットとは。

  3. 【神社参拝に良い日】

  4. 人の健康は腸内細菌で決まる

  5. 波瀾万丈の人生は不幸か幸せか?

  6. プレバイオディクスとバイオジェニックス